ページの始まり


株式会社正電社

21世紀の基幹産業である情報通信産業で社会に貢献致します。





ここから本文

FTTH向け架空専用クロ−ジャ

架空専用クロージャ J396L3□

  • 小型で超軽量でありながら、最大接続400心
  • 最大ケーブル3条+ドロップケーブル16条の多条導入可能
  • 追加部品なしで全ての接続形態が可能(参考:接続形態図)
  • カプラ収納、ドロップ引き落としなどFTTH線路のあらゆる場面に対応
  • 景観にもマッチしたスリムでスマートな形状
  • クロージャの組立が簡単で、クロージャ開閉時の再組立材料も不要
架空専用クロージャ J396L3□
クロージャ
種類 240標準 クロージャ
型名 J396L3〈P04〉〈SP0〉
構成品 スリーブ、内装金具、吊り金具、端面板 1式
余長収納トレイ 3枚
主ケーブル把持金具 2組
ケーブル把持金具 2組
テンションメンバ把持金具 4個
ドロップケーブル把持金具16条用 2組
閉塞栓 5個
フレームシート 1枚
ケーブル用パッキン 2本
通過心線用シリコンチューブ 1組
【注】
幹線ケーブル2条(片側1条)
分岐ケーブル2条(片側1条)
ドロップケーブル32条(片側16条) の導入が可能で、240心までの接続が可能な構成。
接続形態 直線接続、分岐接続、スロット切断中間分岐接続、スロット無切断中間(後)分岐接続
クロージャ
種類 400把持具フル クロージャ
型名 J396L3〈P06〉〈SP0〉
構成品 スリーブ、内装金具、吊り金具、端面板 1式
余長収納トレイ 5枚
主ケーブル把持金具 2組
ケーブル把持金具 4組
テンションメンバ把持金具 6個
ドロップケーブル把持金具16条用 2組
閉塞栓 5個
フレームシート 1枚
ケーブル用パッキン 2本
通過心線用シリコンチューブ 1組
【注】幹線ケーブル2条(片側1条)
分岐ケーブル4条(片側2条)
ドロップケーブル32条(片側16条) の導入が可能で、400心までの接続が可能な構成。
接続形態 直線接続、分岐接続、スロット切断中間分岐接続、 スロット無切断中間(後)分岐接続
クロージャ
種類 P0I用 クロージャ
型名 J396L3〈P0I〉〈SC〉
構成品 スリーブ、内装金具、吊り金具、端面板 1式
余長収納トレイ 1枚
主ケーブル把持金具 2組
ケーブル把持金具 1組
テンションメンバ把持金具 2組
ドロップケーブル把持金具16条用 2組
閉塞栓 5個
フレームシート 1枚
ケーブル用パッキン 2本
通過心線用シリコンチューブ 1組
【注】SCアダプタトレイ 1枚
SCアダプタ標準8SC
接続形態 直線接続、スロット切断中間分岐接続、スロット無切断中間(後)分岐接続
オプションNo. 部品名 構成備考 単位 備考
1 余長収納トレイ 押さえシート付 【240標準】からの増設用。2枚増設可能
3 テンションメンバ把持金具 取付ネジ付 【240標準】からの増設用。2組増設可能分岐ケーブル1条増設時:1組
4 ケーブル把持金具   【240標準】からの増設用。2組増設可能分岐ケーブル1条増設時:1組
6-1 補強熱スリーブ単心用 25本/袋  
6-2 補強熱スリーブテープ心線用 25本/袋  
7 ボンド線H   HSシースケーブル1条導入時:1組
8 ボンド線L   LAPシースケーブル1条導入時:1組
9 FRP製テンションメンバキット テンションメンバスリーブ、接着剤 ノンメタリックケーブル(FRPテンションメンバ使用)1条:1組
12 通過心線用シリコンスパイラルチューブ (5色×各1本)/組 100心:1組、200心:2組、300心:3組
13-1 丸ケーブル用シリコンチューブ(4芯テープ心線用) (5色×各1本)/組 100心:1組、200心:2組、300心:3組
13-2 丸ケーブル用シリコンチューブ(8芯テープ心線用) (5色×各1本)/組 400心:1組
14 ドロップケーブル用シリコンチューブ(単心線用) (8色×各1本)/組  

スプリッタ(カプラ)のプレ収容

コネクタ付スプリッタモジュールコネクタ付スプリッタモジュール

※ 詳細仕様については、「問い合わせ先」にご連絡ください。

スプリッタ(カプラ)のプレ収容

スプリッタ(カプラ)のプレ収容

8心までのP0I用途で使用可能

型番 最大ケーブル数/片側 適用ケーブル
外径
最大接続心数
幹線
(mm)
分岐
(mm)
単心線 2心
テープ
4心
テープ
8心
テープ
J396L3〈P04〉〈SP0〉 2条+ドロップケーブル16条 *1) *2) 8 〜 24 8 〜 18 60 120 240 240
J396L3〈P06〉〈SP0〉 3条+ドロップケーブル16条 100 200 400 400
J396L3〈P0I〉〈SC〉*3) 1条+ドロップケーブル16条 *4) 20 40 80 160

*1) ケーブル把持金具、テンションメンバ把持金具を2組増設可能。
*2) 4箇所の分岐ケーブル導入口のうち、任意の2箇所を使用。
*3) SCアダプタを指定(2SC、4SC、6SC、8SC)
*4) スロット無切断中間分岐接続の場合は分岐1条可能。

接続形態図

直接接続 直接接続 光ファイバケーブルの接続形態の中で最も一般的な方法で、ケーブルの端末同士の直線接続または分岐ケーブルとの接続です。
分岐接続 分岐接続
スロット切断中間分岐接続 スロット切断中間分岐接続 光ファイバケーブルのスロットのみを切断し、光ファイバ心線は、切断せずに通過心線収納トレイに収納し、必要な心線のみを分岐ケーブルと接続します。
スロット無切断中間(後)分岐接続 スロット無切断中間(後)分岐接続 SZテープスロット型光ファイバケーブルの外被を剥ぎ、光ファイバ心線をスロットから取り出し、分岐ケーブルと接続します。幹線ケーブル布設後に、任意の場所に分岐ができ、FTTHサービス加入者への引き込みに最適です。

このページの先頭へ

本文ここまで



ページの終わり